Newsお知らせ

お知らせ 2017.11.07

【「知識不足が招く思わぬ法律違反を防止したい」】排出事業者向けの分かりやすい情報発信で優秀論文賞

一般社団法人産業環境管理協会の優秀論文表彰式にて、弊社執筆の論文が月刊『環境管理』の優秀論文に選ばれ表彰されました。

2017年10月25日(水)に表彰式が開催され、対象総数100数十点(2016年度掲載分)の中から2点の優秀論文が選考され表彰されました。

同協会の黒岩進専務理事は表彰にあたり「複雑で分かりにくい廃棄物処理に係る法令の問題点を、様々な事例を通して分かりやすく解説しており、法令の曖昧さとどう向き合うかなど、実務担当者に示唆に富んだ内容となっていること」が評価され「特に排出事業者責任の定義は企業にとっても悩ましい問題で、廃棄物処理の課題が社会において改めて重要だ」ということを再認識させられたとコメントしました。

協会が発行する月刊『環境管理』の編集長は、授賞理由の一つとして「読者からの反響が大きかったこと」を挙げています。



また、弊社では『環境管理』への連載やその他の専門誌への寄稿と共に、自社サイトやセミナーにて排出事業者向けの実務に即した情報発信を行っています。7月から各地で行っている『法改正による義務化にそなえる!課題や疑問を解消できる電マニ導入セミナー』では、合計240名を超える申し込みがありました。中でも、名古屋会場では定員を大幅に超える申し込みがあり、急きょ2回の追加公演を開催しました。

廃棄物管理に関しては法律の改正も頻繁にあり、排出事業者には重い責任がある一方で、情報の整備はまだまだ不十分だと感じる部分も多くあります。今後も、知識不足による思わぬ法律違反を防ぐために分かりやすい情報提供を続けてまいります。

>> セミナー情報はこちらから
>> 廃棄物管理のお役立ち情報はこちらから