Solutions解決できる課題

コンサルティング調査

廃棄物処理法違反でないことの保証がほしい

法律情報を本やネットで調べるものの確信が持てず、法に違反していないか不安。行政に問合せするのは抵抗がある…。

ネット情報ではこう書いてあるけど、うちの場合だとこの解釈で本当に大丈夫?廃棄物管理業務をされる中でこの様な疑問や不安を覚えたりすることはないでしょうか?
法律の解釈自体、難しいことに加え、自社のケースに当てはめて判断をするのは困難を極めます。また、行政に問合せをしたとしても、望ましい答えが出なかったり、回答内容も曖昧であったりするため、排出事業者としてどのように判断したらいいか迷うことがあります。

廃掃法 違反1

廃掃法 違反2

法律というもの自体、曖昧な表現であることと、廃棄物に関しては性質・性状、排出状況等の条件によって解釈は変わります。
ですので、最終的には管轄する行政に確認することが確実と言えます。

★ ポイント

単に行政に問合せをすれば良いかというと、そういう訳にはいきません。
事前に情報収集、すなわち論理武装をすることで自社のケースにピンポイントで当てはまる回答を得ることができます。
事前準備がない場合、曖昧な回答となったり、話が平行線になってしまう可能性があります。

コンプライアンスの観点から法解釈を廃棄物管理の重要事項に

誤った解釈が、思わぬ法令違反を招きます。
ミズノではコンプライアンスの観点から、法解釈を廃棄物管理の重要事項の1つとして捉えています。
私たちは1,100社以上の排出事業者との取引から培ってきた専門知識とデータベース、5つのステップと行政へのヒアリングのノウハウをもとに、お客様へ正しい法解釈を提示することを行っています。

Contact Us

廃掃法違反3

『法的な裏付けを確保したい』『グレーな部分をはっきりさせたい』
このようなお客様に対して、専門家として第3者的立場でお答えすることが可能です。