Solutions解決できる課題

法改正

法改正の対応漏れ、周知漏れをなくしたい

廃掃法(廃棄物処理法)や条例の情報収集が網羅できているか不安。思わぬ法令違反だけは避けたい!

過去の廃棄物処理法違反の事件では、改正内容を「知らなかった」ことにより引き起こっているケースが多くあります。
廃棄物を取り扱うのは、管理責任者だけではありません。現場スタッフや事務スタッフも、廃棄物そのものや関連重要書類を扱います。責任者は知っていても、実務を行うスタッフが知らなかったということは往々にしてあります。

思わぬ違反

思わぬ違反1

現状の法令への適合状況把握と、実務ベースでの反映

ミズノでは、まずは現状の対応状況を調査し、法令に適合しているかを確認します。廃棄物に関する書類(委託契約書、許可証、マニフェスト、行政報告書等)や、保管方法など、実務ベースで行います。法律・条例を把握していたとしても、実務がそれらに則しているかどうかが重要だからです。実務ベースで確認した上で、企業の管理状況に合わせた仕組みの構築と社員教育の実施が大切になります。
「知らなかった」では済まされないのが廃棄物リスクであり、排出事業者責任です。足元をすくわれない管理体制を作ることが重要となります。

Contact Us

思わぬ違反2

『思わぬ法令違反だけは避けたい』『法律条例が網羅できているか不安』
このようなお客様に対して、専門家としての足元をすくわれない管理体制の構築支援が可能です。